Recent posts

最近の投稿

日航機と海保機の事故!


その①
報道からすると、管制官と飛行機のやり取りは、今のハイテクの時代に無線を通した言葉だけです。言葉だけなら、当然聞き違いは生じる可能性があります。 どの飛行機が、今何処にいて、どのような指示が必要なのかということを、コンピュータに判断させ、飛行機の機器にも直接繋げ、パイロットの聞き間違い等に対処出来るように2重、3重のチェック体制をとるべきだと思います。今の技術なら、できることだと思うのですが、難しいのでしょうか?
その②
飛行機を作る材料は、可能な限り不燃物で作ってあると思っていました。 映像を見る限り、燃え方が激しすぎるようです。 航空燃料は燃えやすい事は分かっていますが、それにしても、あそこまで激しく燃えるものかと、疑問に思います。
その③
あの状況下での乗務員の的確な判断で、その指示のもとでの 乗客の冷静な対応で、一人の死亡者もなく367名の命が守られたのは素晴らしい事で、奇跡でもあります。 しかし、 将来、有望な海保機の5名の死亡は大変痛ましい事として記憶に残るでしょう。