Recent posts

最近の投稿

言語について

日本では日本語が話されます。アメリカは英語、ロシアはロシア語等、その国ではその国の言語を使っていると思ってしまいますが、そうではない国が結構多いです。
インドには、インド語というのはありません。インドの紙幣には、15位の言語で印刷してあり、それぞれの地域によって、使う言語は違うので、インドの共通言語は英語になっています。
スイスには、スイス語というのはありません。九州くらいの広さだが、言語は、4つも使われています。ドイツ語、フランス語、イタリア語、ロマンシュ語。スイスでは、学校で、ドイツ語、フランス語、イタリア語、英語(ロマンシュ語は話す人が少ないので学校では教えないとそうです。)を学習します。学校の時間割に占める言葉を習う時間は大変多いそうです。
オーストリア語というのはありません。オーストリアではドイツ語が話されています。ベルギーでは、オランダ語、フランス語、ドイツ語が話されています。スイスと同じ多言語です。
ベルギー人は、当然のように英語も話します。似たような言語なので、修得も簡単だと思います。

デンマークはデンマーク語、ノルウェーはノルウェー語、スウエーデンはスウエーデン語ですが、この3つの言語は非常によく似ています。 しかし同じ北欧のフィンランドで使われているフィンランド語は、デンマーク語等とは全然違う言語です。 エストニアやハンガリー語に近いと言われています。
日本には地方によって。多くの方言があります。それぞれの方言が、それぞれの地域の標準語と考えれば、デンマーク語、ノルウェー語、スウエーデン語の違いは、わかるような気がします。
日本語の特徴として、日本の文化が四季を重視しています。その為、季節や自然に関する表現が数多くあります。 日本人として日本語をこれからも大切にしていきましょう。