Recent posts

最近の投稿

通貨について。

古い話ですが、モスクワ郊外の有名な教会に訪れた時、身なりの良い上品そうな婦人が、自作のハンドバッグを売っていました。バッグの模様が気に入ったのでお土産に買おうと思い、値段を尋ねるとルーブルでの値段は言わずに、米ドルで値段を言いました。ルーブルではいくらと聞いても、米ドルで払って欲しいと言い張りました。結局、米ドルで支払うことになりました。ルーブルは、国外に持ち出しても紙切れにしかならないからでしょう。国際通貨にならない通貨は、沢山あります。日本の通貨は、海外に、持ち出しても直ぐに両替が出来ます。それだけ信用されているということだと思います。新聞に外国為替市場の記事が出ていますが、それらの通貨は、信用があるということでしょう。アルゼンチンの大統領に最近なった人が、アルゼンチンの通貨を廃止して、米ドルを通貨にすると言って当選したそうだ。アルゼンチンのインフレは、酷いものだそうです。こういう国では、信用ある外貨や金(キン)を持つのが賢明なようです。 日本人として日本円の信用を改めて外国で認識します。