くまのプーさんも

本物のクマという設定だと思っていましたが、プーさんは
テディベアだったんですね!

みんな大好き、テディベア。
名前の由来は、
第26代大統領セオドア・ルーズベルト(Theodore Roosevelt)から。
1902年、州の争いを止めるために彼がミシシッピーに訪れた時のこと。
余興でクマ狩りを行っていましたが、1匹も仕留められずにいました。
それを見かねたお供の人が、大統領の面目を潰さないようにと
1頭の子グマを生け捕りに。

しかし差し出された子グマを見て大統領は、
「スポーツマンシップに反する」
とこれを断固拒否し、その子グマを救いました。

この話を知ったニューヨークの駄菓子屋モリスさんは
くまのぬいぐるみを作り
大統領に了承を得て、彼のニックネームである(Teddy)と名付けることを思いついたそうです。
こうして生まれたTeddy Bearは大ヒットし、
モリスさんはベアを生産する会社の立ち上げにまで至ったのです。

欧米では、子どもは早いうちから親と一緒に眠らなくなるので、
寂しくないようにベットには
ぬいぐるみがいつも一緒…という背景もあり
テディベアを持っているのは以外にも男の子の方が多いとか☆
(紅茶王子も、持ってますね?)

いくつになっても、テディベアの贈りものは嬉しいのかもしれませんね♪

カテゴリー: 未分類 パーマリンク